PANGA SHOKU KOBO

「班家食工房」とは

「PANGA」とは、韓国の貴族階級であった「両班(やんばん)」の家系のことを言い、またの名を「両班家(やんばんが)」と呼びます。

かつて、徹底的な階級社会にあった朝鮮半島では、庶民は生きる為に食べるのが精一杯であったといいます。
その為、その時代を代表する食文化といえば、王室の「宮廷飲食文化」仏教の「寺院飲食文化」、そして貴族階級両班の「班家飲食文化」でした。
なかでも両班が食した「班家飲食」は、朝鮮半島の各地方を代表する名門両班家が味や製法を先祖代々伝承した伝統と格式高い食文化として磨かれてきました。

「班家飲食」の味はまさに国の歴史、各地方の味を象徴するものといえるのです。

現在では韓国文化を代表する食材として世界中で愛されるようになったキムチにおいても両班家当主の名を冠したものが数多く伝承されており、それらキムチを「両班」と称するほどに素材、製法への強いこだわりは今なお息づいています。

「PANGA」は、歴史と伝統に根付いた両班が持つこだわりの精神を伝承し、皆様へお届けするべく、「PANGA」の名のもとに志します。

関連リンク

  • 生野コリアンタウン
  • 株式会社東京徳山物産
  • 流れる千年
  • 本日開店!大阪・鶴橋キムチ食堂~下町コリアタウンのB級グルメレシピ120~
  • 韓流ごはん~韓国料理の簡単レシピ~